合格したお母様方の声

全国統一模試の模試の私立小学校の先生方との交流会
(H29.1.15 東京国際フォーラムにて)

≪進学のために配慮してきたこと≫

〇 絵日記を書かせたり、本を読んでそれを絵に描かせたりしました。
〇 子どもと一緒に野球やサッカーなどをしてよく遊びました。
〇 月に1~2回は動物園に行ったり、山登りをしたり、
興味を示すと博物館に行ったりしました。
〇 できるだけ多くの生活体験をさせました。
〇 空き箱、包装紙などをとっておき、いつでも何か作りたいと思った時には
使えるように身近におきました。
〇 絵画表現が苦手なので、絵画制作の授業は初めから受けさせました。
〇 問題集などを毎日少しずつやりましたが、問題集に偏り過ぎないように
一緒に遊ぶことも大切にしてきました。
〇 口ベタなので、近所の方や周りの方、誰にでも元気にしっかり挨拶するように指導し、
また電話をかけたり受けさせたりと配慮してきました。
〇 その日にあったことを話させたり、なぞなぞ遊びをしたりして、
表現力を豊かにするように努めました。
〇 家事雑事は子どもの寝た後、幼稚園に行った後等に済ませ、
子どもと接する時間を多くして、子どもをよく知るように努めました。
〇 エデュに通い始めて、子どもの不得手なところがわかったので、
家庭では弱点を補うようにしました。
〇 本人が教室に行く日を楽しみに通いましたので、
親もあまり進学ということにこだわらず、
ひとつひとつ本人の身になればと言う感じで進めてきました。
〇 寝る前には必ず絵本を読み聞かせました。
〇 幼稚園の友だち、近所の友だちともできるだけ遊ばせ、社会性、協調性を養うと共に、
遊びを通して創造力なども育てるようにしました。
〇 子どもに自信を持たせるように、苦手なものについて頑張って出来た時は
家族みんなでほめてあげました。
慶應義塾幼稚舎合格の方の声
一度は受験を諦めていた私に、娘へあった学校へと受験を勧めてくださって、たった一年間で随分とちからを付けていただきました。娘を信じて下さり、合格をしたときには一緒に喜んでくださったのがとても嬉しかったです。親子共に学びの大きい一年間でした。(他、国立音大附属小学校・明星学園に合格)

我が子自身が、先生を信頼し、先生に早く会いたい!と駆け出していく姿が印象に残っております。お教室の実績としての合格ではなく、先生方が我が子の為の合格を心から祈って下さっていたことをとても実感いたしました。ありがとうございました。(他、トキワ松学園に合格)

東京女学館合格の方
娘は1才半からエデュにお世話になり、幼稚園受験そして小学校受験を経験し第一志望合格を果たすとこができました。いつも暖かく見守って下さり娘の良い所を伸ばして下さり、欠点の方は長い目でじっくり見ながら励まして下さって、この4年間で大きく成長させて頂きました。(AO合格)

希望の学校へ合格できまして、親子で夢のようです。子供の弱点を的確に指摘していただき、最後まで希望校を変えず頑張った結果、試験当日に1番良い状態にもっていけたようです。適切な先生のアドバイスのおかげで合格を頂けたと思っております。本当にありがとうございました。(他、相模女子大小学部に合格)